2007年02月13日

上杉侵攻可決

とうとう上杉侵攻可決されましたね。
朝倉家の敵対が埋まって、暫定的に徳川侵攻献策が決まった週でしたか。
そろそろ真面目に上杉侵攻の検討をするから、大事な会議が続くから会議参加と協力をお願いします、と言ったのは。

初陣が川中島の激戦だった古い世代ですから、川中島というと古き良き時代の記憶に直結します。(注:古い記憶は美化されているw)

信濃の国力一桁を見たり、挟撃時代には今度こそ信濃落ちるって状態の連戦で、みんな精神的にボロボロで、あっちもこっちもギスギスしてたり。挟撃時代から議長していたせいで、内輪からも外からも色々な風当たりにさらされて、結構きつい思いもしました。あの頃の会議は真面目に手が震えてたしw
決して良い思い出ばかりではないはずなのに、なつかしい。
惨敗から徐々に引き分けとれるようになって、ついに1勝できたときの興奮とか。
凶悪だった上杉本陣に何度も何度も何十回も挑戦して、ついに武田家に初めての家老が誕生した瞬間の高揚とか。
国力回復とレベル上げを兼ねた虎狩りオフラインすら今となっては良い思い出。

でも、いやだからこそと言うべきか、上杉侵攻は武田家の今後を左右する一大決断。
個人的には勝ち戦にはあまり興味がないので、激戦が予想される川中島は想像するだけで心地良い緊張があって望む所なんですが。(つーか、伝令ぐらいしか脳がない私は勝ち戦じゃやることないwほどほどに激戦が理想的)
国としての戦略を考えるなら、少しでも楽に勝てるところへ侵攻するのが当然の理です。
しかし、侵攻先が上杉家しかなくなった以上、現在生きている最新の方針である「ユートピアではなく合戦をしたい」という議決に従って、私は上杉侵攻検討を議題にあげました。

「強大な敵に立ち向かおう!」という意見は一見カッコ良い。しかし、影響の大きい決断だけに提案には勇気がいります。
逆に、「負けそうなら反対」という意見は一見理はあるけど、カッコ悪い。非常に言いにくい意見です。カッコ悪いことを公に発言するには想像以上に勇気がいります。
だからこそ、どちらの意見もきちんと聞いた上で議論しなければいけない。
それはどちらも、武田家のためを思って出る意見だから。

上杉家は強敵です。
負ける可能性を語ると怒る方もおられましたが、正直、負ける可能性は高いでしょう。
リスクマネージメントとして、撤退の可能性を考えるのは理にかなったことです。
そういう意見を阻害するのではなく、認めた上で議論できなければ、仮に上杉侵攻に決まっても、戦い抜けないと思いました。
「勝てる勝てる」と思って挑むより、「負けるかもしれないが、やってやろう」と覚悟を決めて挑むのとでは、成果がちがうだろうと単純に感じますし。
惨敗するかもしれない、惨敗しても撤退できないかもしれない、滅亡するかもしれない。
最悪、滅亡した場合、現実にどういうデメリットがあるのか。
そういうことを考えた上で、それでも覚悟を決めて挑もうというのなら、例え負けても戦い抜けるでしょう。
そして、そこで侵攻しないことを選ぶのも、武田家のためを思うなら理のあることです。


まぁ正直なところ、大抵の議題はどっちでも良いんですよね、私らの場合。
議長になって投票権がない状態が長いので、かなりどっちでも良くなってます。
それに、武田家がどういう結論を選ぼうと、私がその決断に忠実であることだけは絶対なので。

残念ながら上杉家は旧領奪還を優先されるようですが、それも予想されたことです。
こちらは敵対獲得に向けて精一杯の努力をするだけ。
ユートピアの長い武田家では、敵対獲得のための戦いも合戦と同等以上に大事なことです。
そして合戦と同様、一人二人の努力で動くものではありません。
献策の周知徹底、会議参加への呼びかけ等、あらためて皆様の御協力をよろしくお願いします。


とかまぁ長文書いてたら、どっかの某が先を越しましたね。
そして、あんたが書くと効果覿面だしw
ずーっと、ひたすら同じこと言ってた私の立場は?w
ちょっと癪なので、拗ねて寝ますね。
posted by 演歌 at 22:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とりあえず3行にまとめようぜ!
Posted by YES at 2007年02月15日 07:09
なんか更新されてるよ!wなげええええけど一応目を通しましたんで確認印の意味でコメント入れときますね^−^−^
Posted by 団長 at 2007年02月20日 21:06
ゲームで直接挨拶したかったんですが、不在ぽかったんで、こちらで

色々お世話になりました。
ありがつ^−^

とりあえず、日記更新しなさいw
Posted by ルル at 2007年03月19日 10:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33616797

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。