2008年12月07日

ありがとう

ありがとう
今となっては、その言葉しか出てきません。
4年半。
語るにはあまりにも長く重い歳月でした。

いつだったか。
やはり立候補だった前議長が言いました。
議長なんか立候補しちゃうヤツは短気なんだと。
あぁなるほどと、部長と苦笑したものです。
誰かがやらなければいけないと分かっていることを、誰かがやるだろうと見て見ぬ振りをして待つことができませんでした。
自分にできるのかどうか、そういう巨大な不安を抱えて。それでも自分にできる限りのことをしようと議長募集に応じました。

あの時の決断に、誇りを持っています。
その決断に散々泣かされた今でも、再び同じ機会があったなら、迷った挙句に私はまた同じ決断をするだろうと思えます。

愚痴って泣いて怒って当たり散らして。その度に誰かに支えられてやってきました。
私が泣いた数だけ誰かが支えてくれたのだと、今にして沁みるように実感します。
ありがとう


奇しくも長い相棒となった大門部長刑事さん
あなたと一緒にやってこれた出会いに感謝します。
新米議長として出会ったあの頃から、阿吽の呼吸で互いの分担とフォローをこなすようになるまで。
あなたの度量と人柄に救われてきました。
「はいよ」の一言で私に全てを任せてくれた度量と、「ほいさ」の一言で全てを引き受けてくれた人柄。
私が安心して会議に使者に臨んでいられたのは、あなたもいることを知っていたからです。
議長として立つ時に私の指が震えなくなったのは、それを知った頃からだったでしょうか。
あなたが信頼してくれていることを、あなたを信頼していることを、心から誇りに思います。
あなたの相棒になれた出会いに、ありがとう


議長の辛さも苦悩も怒りも、そして喜びも。きっと経験した者にしかわからない。
そして議長を引いていく感慨もきっと。
私たちに後を託していかれた前議長の劉俊玄さんと長月狼牙さん
不甲斐ない後任でさぞ心配だったかと思います。
私は力を尽くせたでしょうか?
ただただ、あなた方の残して下さった思いに支えられてここまで来ました。
情熱と責任感と、そして最高の指針を、ありがとう


心残りは名誉を失ったままのあの人のこと。
偽悪家で言葉足らずでドジで馬鹿で不器用で。誰より一生懸命で。
名誉を回復とか迷惑がられそうですが、彼が心おきなく遊べる日がもう一度来ることを祈っていました。
そういう日が来た時に「おかえり」と言える武田であることを目指していました。
あなたが不器用な優しさで頑張っていた武田家を愛したのです。
私に武田家を愛させてくれて、ありがとう


不器用な人の多い国だと思います。
発足から多くの人口を抱え、様々な意見と個性がぶつかり合い、一体感を抱きにくい国柄でした。
一体感のないまま、全体像も見えないまま。
てんでバラバラな人々が、それでも何かの目標に向かっている時の、不器用でうまくない武田が好きでした。


あなたが議事録を管理してくれたから、会議を尊重する姿勢を貫けました。

何度否決されても正々堂々と会議に自らの意見を問うてくれたあなた。
発言することはなかったけれどきちんと自分の意見を投票で示してくれたあなた。
稼働していないキャラまでマメに献策してくれていたあなた。
会議結果連絡信書に励ましのお返事を下さったあなた。
放っておくと一向にクエストの進まない私を、ぶっきらぼうに連れまわしてくれた人々。


多くの出会いと、そして別れにも。
ありがとう
この思いを伝えるものとして、どれほど重ねても足りないけれど。
ただひたすらに、ありがとう


そして最後に。
武田をよろしくというのは傲慢ですが、今だけは心から言わせてください。
武田をよろしくお願いします。
新議長さんにも、そしてあらためて武田家の皆様にも。

私たちだけが背負ってきたわけでも守ってきたわけでもないことは、きっと誰よりも承知しています。
議長なんて、会議に参加してくれる方々の存在なしには成り立ちもしないものなのですから。
それでも「なんで自分だけがこんなに頑張って」と思ってしまった時、遠くから聞こえてきた献策告知。あなたのひと声にどれだけ救われたか。
一人ではないことの有難さも難しさも。痛いほどにかみしめた4年半でした。

一人で背負っているわけではない。
それでも、だからこそ重かった武田家を、その御旗を。
これからは純粋に仰ぎみて、新たな位置から武田家のために尽力したいと思います。

信玄公が人は石垣といわれた武田家の、その礎石の一つたらんことを志して。

本当に長い間、拙い議長に御協力ありがとうございました。




4年半を振り返る更にスゴイ長文はこちら(劇物注意)
posted by 演歌 at 16:50| Comment(32) | TrackBack(0) | 会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。